想い出・・・こんな私の足跡

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit TB(-) | CO(-) 


愛した人

愛した人(2) 

彼と付き合い始めて、私は有頂天だった。


誰かに気に入ってもらうなんて事は経験がなかった。



私が彼と遊び呆けて家に帰ったある日
兄とおかんが喧嘩をしていた。



何が理由だったのかはわからない。






慌てて家にあがってみると
いきなり兄がおかんを突き飛ばした。





その瞬間に私はカッとなり
慌てておかんの前に立った。




「そんなに嫌ならテメーが出てけよ!!!」


事の次第も分からず
そう叫んでしまった私を
兄は殴った。





これだけを書いてしまうと
兄の苦悩はわからないが
兄は小さい頃からずっと
おかんにこう、言われていた。





「あんたは本当にお父さんにそっくり」






中学生の頃
思春期を迎え、難しくなった兄におかんは何度も言った。





「目つきがそっくりだ」





当たり前だ。

本人が望んでいなくても
親子なのだから。






一度
酷い喧嘩をした際に
おかんが兄に包丁を向けた事があった。






父親に似ているからといって
責められる兄は
どんな思いだったのだろう・・・・・。





自分でも止められない感情を
包んでくれる人間がいない。
嫌いな父親に似ている事を責められても
本人にはどうしようもない事である・・・・・。




そんな兄が
一度だけ自分の感情をむき出しにしたのが
この時だった。






兄に殴られ
私はもう、何もかもが嫌になった。




こんな家。



小さい頃から貧しい家。

子供の成長についてこれないおかん。

感情が止められない兄。









もう、うんざりだと思った。








初めて
家を飛び出した。



もう、帰りたくない。
一人で暮らしたい。





顔も見たくない・・・・・・・・。














とにかく遠くまで走った。
見つからない様に。
追いかけて来れない様に。







そして
泣きながら彼に電話をした。











彼はすぐに迎えに来てくれた。




もう、免許を持っていたので
車で迎えに来てくれた彼と
初めて、朝まで一緒にいた。





行く場所なんて無い。

それでも良かった。






その時
家に帰らないで良ければ
それで良かった。



スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(1)


~ Comment ~

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/01/23 04:55]      [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する

【愛した人】へブログトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。