想い出・・・こんな私の足跡

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit TB(-) | CO(-) 


裏切り

裏切り(4) 

そんな私と同じ様に
親戚から見放された兄も
金に踊らされていた。



おかんが死んですぐに
一人暮らしを始めた。



ワンルームの部屋だった。





中学の同級生の親御さんが
保証人になってくれて借りていたアパート。

誰の監視も無い。
自由なお金だけを手にした兄。





次第に
学校に行かなくなり
アパートは友達のたまり場になっていた。









時間を見つけては
兄のアパートに行った。



そこに集まる人たちが私は嫌いだった。
まるで
自分の周りにいる人間と一緒だったから。




金に
匂いが付いているだろう、きっと。

その匂いを嗅ぎつけて
集まってくる人間がいる・・・・・。






そう
兄を見ていて思った。















ある日
兄の部屋をおとづれると
いつもは男ばかりの部屋に女性が居た。




金髪で
タバコを吸い
兄の部屋にいる女性。



こんなたまり場に平気で入れるこの女性を
私はとても不愉快に感じた。










スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【裏切り(3)】へブログトップへ 【裏切り(5)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。