想い出・・・こんな私の足跡

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit TB(-) | CO(-) 


母の死

窓越し(2) 

待ち合わせたお店でおかんは待っていた。



「休憩もらったけど、時間ないから。
何なの??」


たたみかける様に私は言った。
あの日
私は、わざとそうした。




わざと、あからさまにおかんに対しての嫌悪感を露にした。





外だったからだろうか?
おかんが
人前ではおかしくならないとでも思ったからだろうか??






おかんは
呟く様に何度も話しかけてきた。








バイトは楽しい?
仕事は辛くない??














本当は
こんな会話は家ですれば良かった。




小学生の頃、
仕事で疲れたおかんにまとわり付いて
学校の話を聞いてもらっていた様に


ちゃんと
私が向き合えば良かった。




罵っても
泣き叫んでも
みっともなくても



会話をしていれば良かったんだ。









それが出来なかった私はおかんに言った。






「お前に関係ねーだろうが!!!
いちいち来んじゃねーよ!!」



















最後におかんが言った。











「どうしてそんな風になっちゃったの・・・・・。」
と。














「お前がそうしたんだろ。」













セリフを読んでいるかの様に
私は反抗する事がカッコイイとさえ思っていた。









だけど
あの店で
糸が切れてしまったおかんの顔を
私は見てしまっていた。









スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【窓越し】へブログトップへ 【自殺】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。