想い出・・・こんな私の足跡

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit TB(-) | CO(-) 


母の死

消えない音(3) 

父の下駄の音と共に嫌な音。


台所の扉から包丁を抜く音が大嫌いだ。





意識しなければ
気づかない程度の音かもしれない。



だけど私はこの音が嫌いで
台所の元々付いている場所に包丁をしまえない。




あの、抜く時の音が怖い。
自分で、音を立てない様に抜いてみた事もあったけど
かすかにする音に反応してしまう。











狂ってる。
今、落ち着いて考えてみると
もうおかんはあの頃すでに狂ってしまっていたんだろう。







高校生になり
バイトを始めた。






とにかく家を出たかった。






お金なんてどうでも良かった。
ただ、家に居なくていい理由に
バイトがうってつけだっただけ。





毎日入った。




おかんと顔を合わせたくなかった。















お酒の大好きな
後10年もしないでおかんの年を追い越してしまう私は





酒に呑まれると
いつもおかんを思い出す。










あの時、あんな事を口にしなければ・・・・・・・・
あの時、もっと
不器用でもいいから
素直に気持ちを伝えられていたら・・・・・・・・・・







何かの本で以前読んだ。




日本のどこかに
死者と会える泉があると。





ただの言い伝えかもしれない。
ただの夢物語かもしれない。





それでもいい。







それでもいいから
どうか一言




おかんに対して
この、どうしようもない気持ちを
20年経っても私を解放してはくれない気持ちを
伝える場所はないのだろうか。



スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【消えない音(2)】へブログトップへ 【窓越し】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。