想い出・・・こんな私の足跡

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit TB(-) | CO(-) 


家族

幼馴染(3) 

ちょうど百合子と喧嘩をしていた。


ルーズな私は交換日記を止めてしまう事が多く
そのことを百合子はとても怒っていた。


会っても口を聞いてくれない日が続いて
渡しにくくなってしまった日記を毎日持ち歩いていたある日
百合子の町内会でお祭りがあった。





出店の手伝いをしていた百合子が私に話しかけてきた。





何だか後ろめたい気持ちと
久々に彼女と話せる嬉しさとで
私は舞い上がっていたと思うが
彼女から聞いた話は、とても辛い事だった。









両親が離婚するから
急いで引っ越さなくてはならない。
もう、会えないんだ、と。




引越しを繰り返した私と違い
住み慣れた場所を離れなくてはいけない彼女は
とても淋しそうだった。





手紙、書くから新しいお家決まったら
絶対、教えてね。




そんな会話をしながら
何て言葉をかけていいのかわからずに
真っ暗になるまで
お祭りが終わるまで
私達は公園のブランコに2人で座っていた。




後から知った事だが
百合子の父は不倫をしていて
その相手に子供が出来てしまったのだ。









百合子が引っ越してしばらくして
百合子の実家に干されていた洗濯物の中に
オシメがあったのを見つけた時
すごく悲しかったのを覚えている。










スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【幼馴染(2)】へブログトップへ 【おじさん】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。