想い出・・・こんな私の足跡

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit TB(-) | CO(-) 


家族

幼馴染 

父との生活から、夜逃げの様に逃げたおかんは
今回はきちんと準備をしていた。





転校先の学校にはすぐに行ったし
何より
おかんと子供3人の生活を考え
生活保護を受けながらの生活がスタートした。





自分が原因で
この生活になった事の分かっていた私は
とにかく「良い子」になった。





おかんを困らせる事のない
おかんが嫌がる事はしない
そんな風に徹していた様な気がする。







新しい学校で
すぐに親友が出来た。



今でも近所に住み
つかず離れずだが、25年程の付き合いになる百合子と出会う。






百合子はとても活発で
曲がった事の大嫌いな性分で
他人よりも自分に厳しい性格の女性だ。






両親が小さな商店を営んでいた百合子の家には
仲良くなってから毎日の様に行った。



一軒家に住んでいた彼女。




兄のおさがりばかりを着て真っ黒で
男の子と間違えられていた私。




百合子とは似ても似つかないのに
いつも一緒にいるせいか
姉妹に間違われる事が多かった。






運動神経が抜群だった百合子はかけっこが一番。
地味な、一人で出来る運動を好んだ私は鉄棒が得意。





放課後
天気の良い日は二人でいつまでも校庭で遊んだ。
帰宅を促す音楽がなっても
名残惜しいみたいにいつまでも二人で遊んでいた。







スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【子供の心(4)】へブログトップへ 【幼馴染(2)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。